工房見学

2009年11月25日 (水)

刀匠の工房見学

15回生のどいです。

10月17日に明高美術科同窓生である、清田次郎國悦さんの工房を見学しました。

美術科9(?)回生の清田さんは今、刀鍛治をしておられます。

お忙しい中をお邪魔してきました。

刀に波紋をつける作業を見学させていただきました。
刀に波紋をつけるために焼刃土といわれる、粘土に砥石や灰を混ぜたものを塗り、焼き入れするところまで見せていただきました。そのあと、刀を研いでどんな波紋になったかを見せてくださいました。

211017a_2

211017b_5

上の写真は焼刃土を塗っているところ、その下の写真は焼きいれをしているところです。

清田さんの作品も見せていただきました。

211017c_2

実物はとても綺麗で迫力がありました。
刀を持って間近で見る機会なんてそうそうないので、大変貴重な体験をさせていただきました。
 波紋が気に入っているが、傷があるせいで売り物にならなくなったものだそうで、買い手をさがしておられるようですよ(^-^;

電車で1時間30分くらい、それからレンタカーで山道をドンドコ揺られること1時間30分くらいだったかな?
長い道のりでしたが、大変楽しかったです。

そんな清田さんの連絡先は載せてもいいのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

展覧会情報 | 工房見学 | 文化・芸術